EnglishTwitterFacebook

第19回 コールセンター/CRM デモ&コンファレンス 2019 in 東京 | 国内最大のコールセンター・CRM業界の一大イベント | 会場:サンシャインシティ・文化会館

  • 出展資料請求
  • eガイドブック
メールマガジン新規登録
コールセンター、CRM業界のイベント、セミナーなどの最新情報を定期的にEメールにてお届けします!
【配信日:毎月5日、20日】
メールアドレス(半角英数)
大阪開催
CC大阪
ITを探す
海外からの英文DMによる広告勧誘に注意!
下記は2018年開催(終了分)の情報です。

5年後のコンタクトセンター研究会成果報告

▼【11月15日(木)】 | ▼【11月16日(金)】

会場 セミナー会場G(文化会館5F・502会議室) 【アクセスはこちら
定員 150 名
受講方法 無料(WEB事前登録制)

受講ご希望の講座にチェックを入れた後に、ページ下段にあるフォームを入力してください。
登録完了後に、申込完了メールをご登録いただいたE-mailへお送りいたします。

ご登録は各種セミナーページ毎に完了させる必要があります。
別ページのセミナーを別途ご希望される場合は、お手数ですが各種セミナー毎にご登録をお願いいたします。

事前登録終了 の表示が出ている講演に関しましては、当日席に余裕が出た場合のみ聴講いただけます。
講演開始10分前を目安に、各セミナー会場受付にてご確認ください。

11月15日(木)

【G-1】

事前登録終了
10:15
|
11:15
リーダーズ・セッション:
戦略的位置づけ、マネジメント、導入IT
「アフター2020」のコンタクトセンターを予測する!
発足から5年が経過した本研究会。スマートフォンの急速な普及に伴う顧客の行動、深刻さを増す人材不足など、コンタクトセンターを取り巻く環境はかつてない変化にさらされました。これからのセンターはどう変わらなければいけないのか、変えてはいけない要素とは何か。本セッションでは、各分科会のリーダーが「あるべき姿」を戦略(ストラテジー)、マネジメント、IT ソリューションのそれぞれの観点から議論します。  
<パネリスト>
CXMコンサルティング 代表取締役社長 秋山 紀郎 氏
富士ゼロックス ネットワークセキュリティ事業部 マネジャー 加賀 宝 氏
ISラボ 代表 渡部 弘毅 氏
<モデレータ>
コールセンタージャパン編集部 編集長 矢島 竜児
事前登録
終了
【G-2】

事前登録終了
11:30
|
12:30
マネジメント分科会:
変化の時代を乗り切る!5年後の採用・育成と VOC 活用
テクノロジーの進化、顧客のライフスタイルの変化、労働人口の減少――激動の時代に合わせて、コールセンターの役割やカタチも変化しつつあります。従来型マネジメント手法の限界や、これからあるべきマネジメントの姿について議論します。 
<パネリスト>
サイボウズ 執行役員 カスタマー本部長 関根 紀子 氏
三井住友海上 コンタクトセンター企画部 サブマネージャー 寳寄山 直樹 氏
富士通コミュニケーションサービス ソリューション本部 サービスイノベーション推進統括部 課長代理 兼 経営企画統括部 経営戦略室員 横田 喜子 氏
<モデレータ>
富士ゼロックス ネットワークセキュリティ事業部 マネジャー 加賀 宝 氏
事前登録
終了

11月16日(金)

【G-9】

事前登録終了
10:15
|
11:15
ソリューション/サービス分科会:
AIが変える「顧客」と「応対業務」 “PCレス時代”に求められるITマネジメント
電話からPC、PCからスマートフォンやタブレット、AIスピーカーへ――。顧客接点のデバイスが変化し、オムニチャネルのトランザクションを管理する機能と役割や求めれているコンタクトセンター。同時に、センターでの応対業務(オペレーション)もAI(人工知能)や音声認識・入力といった新しい技術を活用すべき時代が到来しつつあります。顧客満足と従業員満足を満たすには、ツールとしてのITをさらに深く、うまく利用することが必要です。ベンダー/SIが描く近未来の顧客接点ソリューションを議論します。 
<パネリスト>
アイティフォー CTI・基盤システム事業部 営業推進部 部長 池上 卯太郎 氏
テクマトリックス 執行役員 CRMソリューション事業部 副事業部長 岩元 利純 氏
野村総合研究所 ビッグデータイノベーション推進部
 AIソリューション推進グループマネージャー 上級研究員 神田 晴彦 氏
<モデレータ>
CXMコンサルティング 代表取締役社長 秋山 紀郎 氏
事前登録
終了
【G-10】

事前登録終了
11:30
|
12:30
ストラテジー分科会:
変化に強い顧客接点の創り方とは?「5年後のカスタマー・エクスペリエンス」を予測する
さまざまな手段で情報を受けとり、発信する顧客(消費者)のロイヤルティを向上するコミュニケーション手段とは何なのか。ストラテジー分科会では、セルフサービス・プロフェッショナルサービス・コンシェルジュサービスという3つのスタイルを、どの局面、どのチャネルを使って提供すべきか、議論を進めています。コンタクトセンター運営企業や識者の見解を通じて、“あるべき顧客体験”の姿を検証します。 
<パネリスト>
帝人ファーマ 地域包括ケア事業推進部 営業企画グループ グループリーダー 佐藤 暢彦 氏
ヤマトコンタクトサービス 経営戦略部 部長 コンタクトセンター シニアアナリスト 澁谷 毅 氏
<モデレータ>
ISラボ 代表 渡部 弘毅 氏
事前登録
終了

※当セミナーをお申し込みいただいた方には、主催者及びセミナー講演会社より資料の送付やお電話、Eメール等でのご連絡をさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。

※当セミナーは席数に限りがあるため、お申込み状況等により、同業者様又はそれに準ずる企業様の受講につきましてはお断りさせていただくことがございますので、予めご了承ください。